2010年11月14日

コンピュータープログラムと著作権

 我が国の著作権法上、コンピュータープログラムも、著作権により保護されます。

 無断で、コピーしたりネットで配信したりすれば、著作権侵害となりえます。

 ただし、著作権は、著作物すなわち「思想又は感情を創作的に表現したもの」を保護するものであって、アイデアを保護するものではありません。

 すなわち、ソースコードで書かれたもの、すなわちプログラミング言語で書かれた文字の羅列が保護の対象となるわけです。

 そのプログラムでできることを、別のプログラムでできるように真似しても、それは著作権侵害の問題になりません。

 こういったことの保護については、特許法などの問題ということになります。


MYパートナーズ法律事務所
企業法務専門HP
離婚専門HP
相続専門HP
債務整理専門HP
弁護士吉成安友のブログ
弁護士吉成安友の離婚ブログ
posted by 弁護士 吉成安友 at 23:44| Comment(0) | 知財関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。