2010年09月24日

著作権とは(その1)

 知的財産関係の法律のなかでも、特許などについては、あまり関係のない企業も多いかもしれません。

 一方で、どのような企業であっても、関係してくるのが著作権だと思います。

 文献、コンピューターソフトなど他人の著作権の対象となるものを利用することもあるでしょうし、ホームページ、パンフレットなどで自社の著作権が発生する場面もあるかと思います。

 企業活動の様々なところに、著作権が関わってくるわけです。

 では、著作権とは何なのでしょうか?

 これは、著作物の著作者の権利です。

 ここで、著作者とは著作物の創作する者のことですので、著作物とは何かについて説明したいと思います。

 著作物とは、著作権法上、「思想又は感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう。」(法2条1項)とされます。

 「思想又は感情」を表現したものとは、精神的活動を表現したというもので、単なるデータや事実などは、これに入りません。

 「創作的」に表現したものとは、自分のアイデアで独自に作り出したというもので、単なる模倣などはこれに入りません。

 「表現したもの」とは、単なるアイデアはなく、外に向かって表現されたものということになります。アイデアが盗用されたから、著作権侵害だということはできないわけです。印刷されたり、録音されたりして、形あるものに固定されている必要はありません。

 「文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」については、厳密な意味での文芸、学術、美術又は音楽の範囲に限定されるということではなく、広く精神活動から生まれるようなものは、著作物に当たるとされます。

 著作権法10条1項は、「この法律にいう著作物を例示すると、おおむね次のとおりである」として、著作物の例として、
 「小説、脚本、論文、講演その他の言語の著作物」
 「音楽の著作物」
 「舞踊又は無言劇の著作物」
 「絵画、版画、彫刻その他の美術の著作物」
 「建築の著作物」
 「地図又は学術的な性質を有する図面、図表、模型その他の図形の著作物」
 「映画の著作物」
 「写真の著作物」
 「プログラムの著作物」
を挙げています。

 

弁護士吉成安友のブログ
弁護士吉成安友の企業法務ブログ
弁護士吉成安友の離婚ブログ
MYパートナーズ法律事務所
企業法務専門HP
離婚専門HP
相続専門HP
債務整理専門HP
posted by 弁護士 吉成安友 at 00:03| Comment(0) | 知財関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。