2010年09月09日

企業法務に強い弁護士(その3)

 別のブログでは「強い弁護士」というテーマを取り上げ、このブログでも、企業法務に強い弁護士というテーマを2回取り上げました(「企業法務に強い弁護士」、「企業法務に強い弁護士(その2)」)。

 今日は、企業法務に強い弁護士の第3弾です。

 よく六法という言葉を聞くと思います。

 これは、憲法、民法、刑法、商法、刑事訴訟法、民事訴訟法のことです。

 司法試験もこの6科目で行われます(*旧司法試験の場合です。新司法試験だという選択でもう一科目あるようです。)

 ただ、法律というのは、この6つだけではありません。

 我が国の法律だけでも無数にあります。

 そして、ビジネスにおいては、金商法、特許法、下請法、著作権法、消費者契約法、特商法、個人情報保護法、労働基準法など、様々な法律が関わってきます。

 そして、こうしたいわゆる特別法は、数も多く、高度の専門性ゆえ複雑なものも少なくなく、知らぬ間に違反してしまっているということがしばしば起こっています。

 ある法律の一つの条文を知らなかったために、契約が無効になってしまい、大損害が生じたという話も時々聞きます。

 こうした事態を避けるためには、経営全般のコンプライアンス(法令遵守)について、弁護士と打ち合わせをすることが有効でしょう。

 そして、強い弁護士、頼りになる弁護士となると、やはり、特別法にも強い弁護士ということになると思います。

 とはいえ、無数にある特別法を全て把握しているような弁護士はおりませんし、単純に知識が多い弁護士が強い弁護士というわけではありません。

 相談を受けたその場でははっきりした回答がなくても、すぐにこういう方向で調べればいいのではと当たりを付けて、核心に切り込み、迅速かつ正確に回答できる弁護士が強い弁護士といえます。

 個人的には、こうした能力は、努力や経験以上に、センスがものを言うように思われます。

 センスというと、客観的エビデンスのない面もありますが、実際話してみることで、意外なほどよく分かるということもあるかと思います。

 さらに、複数の弁護士と話してみることは、センスの有無がより一層明確になると思いますので、おすすめです。



MYパートナーズ法律事務所
企業法務専門HP
離婚専門HP
相続専門HP
債務整理専門HP
弁護士吉成安友のブログ
弁護士吉成安友の離婚ブログ
posted by 弁護士 吉成安友 at 01:41| Comment(0) | 弁護士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。